そうい~sow.I

2011/06/30

6月3日、4日に開催された「そうい~sow.I」。

soui_hako.jpg

場所は江戸時代から続く格式高い花街・柳橋にある昭和の流行歌手『市丸(江戸小唄の市丸姐さん)』の隅田川沿いのお屋敷、「柳橋Lucite gallery」。『茶の湯・花・酒・うつわ』をテーマにした日本文化の体験型イベントにて、床の間の花を飾らせていただきました。

 soui_soto.jpg

2階のlucite cafeからは、隅田川越しにスカイツリーを眺めることもできます!

 

今回のイベントで何と言っても一番思い出に残る経験が、大好きな陶芸家の二階堂明弘さんに器をご提供いただいたこと。繊細ながらも力強く心を惹きつけられる作品は、まるでご本人の人柄のよう。。。記念写真のつもりが完全に目線がはずれていますが(笑)、写真左が二階堂明弘さん、右が今回のイベントのプロデューサーである大久保文之さん。

soui_ookubo.jpg

そして、二階堂さんの器に生けさせていただいたのが、こちらのお花。全容はこちらをご覧ください!

soui_nikaido.jpg

さらに床の間には、一度チャレンジしてみたいと思っていた「花掛軸」を制作。さまざまなフィールドで活躍する個性豊かなクリエーターの皆さんが集う場を象徴できるようにと、季節の美女柳に菊、バラやダリア…など10種ほどを取り合わせました。

soui_1mini.jpg

大きな画像はこちらからご覧ください。

 

会場には10名もの作家さんの作品が並び、個性もさまざま、見ているだけでワクワクする空間に!全体をご紹介できず残念ですが。。。(カメラを紛失するという痛い思い出がよみがえります。。)

soui_ise.jpg

いつも刺激をいただく伊勢貴俊さんの作品。 鮮やかな色彩に好奇心をくすぐられますよね!

soui_ishii.jpg

そしてこちらは石井隆寛さんの花入れ。生けられた山帰来(サンキライ)はご一緒させていただいた華道家の平間磨理夫さんによるものです。石井さんのド迫力な茶碗の数々もご紹介したかったのですが、何せ画像はデジカメとともに紛失。。。残念です。個展の機会も多い方ですので、ぜひチェックしてみてください!

 

その他にも、会期中には4人の茶人によるオリジナリティ溢れる茶会や日本酒の利き酒、利き抹茶など盛りだくさんのイベントが展開され、大盛況の2日間でした。

個人的にも、多くの作家さんと知り合うことができ、そして連日飲み明かすことができ(笑)、本当に充実した時間に。こうしてご縁をいただいた皆さんとともに、より多くの方に楽しんで、喜んでいただけるイベントを作り続けて行けるよう、また精進の日々が始まります。

 

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。